本文へ移動

施工事例(洋風)

アプローチ

オススメ「お客様のイラストイメージを表現したエクステリア」U様邸/大府市【洋風外構】
  • お客様の「思い」を大切にしました
グリーンが映える門柱でお出迎え
表情豊かな門柱は石板選びがポイント
門柱の石板は凹凸がニュアンスを感じさせる、「サンワカンパニー」の天然石を採用。
天然石をつかうと、ワンランク上の質感を演出することができます。
オシャレな門塀は邸宅の壁面の雰囲気とマッチし、バランスよく仕上がりました。
艶が美しい門塀とこだわりのフレームゲート
”磨きタイル”で美しい門塀に仕上げました
大理石のような質感をもつ、艶が美しいタイルは「名古屋モザイク」のもの。
落ち着いた色調で一枚一枚の表情が違い、磨いたことによる美しい艶が特徴です。
凹凸がある門塀とのコントラストが絶妙で、お客様にもご満足いただけました。
ブラックのフレームゲートが統一感を与えます
入口の象徴的なフレームゲートと同じ、黒のデザイナーズパーツを門塀にも使用。
すべてをタイルにせず、黒のパーツを取り入れたことで良いアクセントになりました。
このちょっとした”こだわり”が大切なのです。
”洗い出し二発塗り”で色を楽しむアプローチ
色味にこだわった玄関アプローチ
洗い出し仕上げとは、セメントモルタルに砂利や玉石など骨材を入れて塗り、固まる前に表面を洗って、砂利や玉石の頭部分を露出させる技法です。
その名の通り”洗い出して仕上げる方法”であり、古くから行われている伝統的な左官仕上げ工法。
住宅のあらゆる部位の仕上げとして豊かな表情を演出します。
洗い出し仕上げは施工が難しいため、左官職人の技術と経験が重要なカギとなります。

それを二回行うのが”洗い出し二発塗り”
一般の洗い出し(一回)はコンクリート色ですが、この”二発塗り”は色を楽しむことができます。
私たちはエクステリアのスペシャリストであり続けるため、常に技術を磨き、お客様のご要望にお応えし続けます。






【施工のポイント】
U様は「こんなエクステリアにしたい」という思いがおありで、イラストをお持ちくださいました。
イラストを元にパースを作成し、ご希望をしっかり形にすることを大切にしました。
イメージしていた以上の出来に、U様にもたいへんご満足いただけました。
ご希望を叶えるお手伝いができ、私たちも満足できるお仕事ができました。
U様、ありがとうございました!
藤田左官
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山214-2 1階店舗
TEL:090-4799-6790
FAX:0566-74-2869
------------------------------
・エクステリア(設計・施工)
・左官業
・造園業
・解体業
------------------------------
対象エリア
岡崎市、みよし市、豊橋市、名古屋市、豊田市、刈谷市、碧南市、西尾市、尾張旭市、高浜市、知立市
豊川市、豊明市、大府市、
TOPへ戻る