本文へ移動

施工事例(洋風)

アプローチ

注目NEW「これまでの大切なものを生かすリフォームのご提案」N様邸/岡崎市【洋風外構】
  • 思い出を残して、新しい玄関まわりに生まれ変わりました
「のこしたもの・あたらしいもの」が惹きたてあう玄関
リフォーム前からあったフェンスを生かして
門扉前の素敵なフェンスや門柱下の部分などは状態が良かったので、残して活かすことに。
これは、ご予算を守りながら、イメージ通りの仕上がりにする「工夫」でもあります。
鋳物であったフェンスには黒の塗装を施し、門柱下の部分には白の塗装を吹くことで、邸宅や駐車場との統一感を。
階段もリフォームし、美しく生まれ変わりました。
安心・安全のひろびろ「駐車スペース」
柱のストレスなく駐車できるカーポート
カーポートには駐車場をスマートに見せる、後方支持タイプの「エフルージュツインEX」を採用。
柱が邪魔にならないので、車を停める時も安心です。
支える柱は後方に2本のみなので、見た目がカッコイイだけでなく、 敷地を有効に使っていただけます。

邸宅と駐車場の間には門扉と統一感を持たせたフェンスを
シャープなアルミ素材と木目調の横板格子のルシアスフェンスで、門扉とのデザインを合わせました。 
木目調のフェンスは温かみを感じさせながらも、フェンス特有の圧迫感を軽減し、安全性・防犯性もバッチリ。
ガラスブロックが目を引くオリジナルの「門柱」
ガラスブロックで華やかさをプラスした門柱
家の顔である玄関の門柱にはガラスブロックをいれ、アクセントに。
陽ざしを受けた時の光が、キラキラ反射して明るさを与えてくれます。
塗装はジョリパットのエンシェント仕上げ
ジョリパットとはアクリル系の塗材のことで、豊富なカラーやデザインでオリジナリティを出すことができます。
また、ひび割れしにくく、カビや苔などが生えにくいのが特徴です。
エンシェント仕上げで砂利でこすったような素朴な風合いを生み出しました。
【施工のポイント】
N様からは「玄関まわりのリフォームがしたい」というご相談をいただきました。
藤田左官ではリフォーム=「全部壊す」と考えず、まずはお客様のお話をしっかりお聴きし、現場を見せていただきます。
ご予算を守るためにも “今あるものを生かして残す”という考えを大切にして、デザインのご提案をしていきます。
今回は、以前のN様の玄関にあった素敵なフェンスや壁を残し、それを生かすようなリフォームの提案をさせていただきました。
出来上がった玄関まわりをご覧になって「思っていた以上」と、とても喜んでいただけました。
N様、この度はありがとうございました。
藤田左官
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山214-2 1階店舗
TEL:090-4799-6790
FAX:0566-74-2869
------------------------------
・エクステリア(設計・施工)
・左官業
・造園業
・解体業
------------------------------
対象エリア
岡崎市、みよし市、豊橋市、名古屋市、豊田市、刈谷市、碧南市、西尾市、尾張旭市、高浜市、知立市
豊川市、豊明市、大府市、
TOPへ戻る